suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

レッドクリフpartⅡ@新しい三国志 

先日、レッドクリフの公式サイトがPartⅡとして正式にリニューアルされていた。

リニューアルされた公式サイトにバナーが用意されていたので少々悩んだ末、レッドクリフの宣伝用にとブログにも貼ったが、
「何故レッドクリフ(三国志、赤壁)関連の記事や画像をブログに掲載しているのか?」ふと脳裏を過ぎった。

それは三国志(レッドクリフ)が単に面白いからだ。

はっきり言って三国志は演義しか読んだことが無い、ましてや正史など読む気など無い、公式サイトの三国志検定も三級合格にも至らない程度で辞めてしまう有り様。

三国志を舞台にした書籍は多く出版されていた。小説を読むとなると少々取っ付き難くかったが、当時ゲームで三国志をやって面白かったからなのか、字だけで記された「三国志」の小説を破竹の勢いで読んだ記憶が有る。


三国志の面白さとは一体何なのか?

壮大なスケールの中に数多く登場する武将、智将の個性などが挙げられると思うが、更に孫子の兵法を原点とした計略、戦略等が見え隠れしているのが理解できる。

孫子の兵法をインターネットで調べてざっくり読んで見れば、実に理に適ったことがよく書かれてあり、三国志、孫子の兵法が過去から現代に至る数多くの人たちに愛され続けている由縁ではないだろうか。

更に三国志の面白さを別の観点から掘り下げてみた。
三国志を知ることは、逆境に立たされた時こそ自ら(己)の力、知恵、勇気、信じる心(騙されない心)、愛する心を身に付けることができ、社会を生き抜く知恵を身に付けることができるからだと思う。
(これはレッドクリフの予告編メーカーのイメージにもしっかりUPされていた。)

上に書いたように理に適った行動、生き方さえ実に付けていれば、負けない生き方ができると思うし、人生、人生で起こりうる事象に対して、
私は負けてしまったんだということが実際に有ったとしても、時系列で考えた場合、「結果は負けていなかった。いや、勝っているよ。ということに遭遇する。」何故なら、理に適った行動、生き方をしていたからということになる。


あ、レッドクリフの公式サイトの販売戦略。

レッドクリフはPart/1とPart/2に分かれている。

Part/1(2008年11月1日公開)→Part/2(2009年4月10日公開)の間にレッドクリフPart/1のDVD・ブルーレイ発売。
Part/1観た人でレッドクリフが好きな人、Part/2も観ようかなと思っている人にDVD・ブルーレイを買って頂く。
Part/1のDVD・ブルーレイを買った人はPart/2も買うだろう!?。Part/2だけ観て面白いと思った人にPart/1とPart/2のDVD・ブルーレイを買って頂く。

あ、レッドクリフ公式サイトの出し惜しみ。Coming Soon.

Part/2の期待を膨らませアクセスも上がり、劇場へ足を運んで頂く。Part/1のDVD・ブルーレイを買って頂く。

経営戦略が上手だと思います。

あ、前売りトケットも付いているし、久々に楽しく元気が出る映画だったったのでのPart/1を予約しました。

レッドクリフ最高!

レッドクリフの公式サイトにリンクしています。


レッドクリフ最高!


ジョン・ウー監督が描いた新しい三国志、やりました。

スポンサーサイト
[ 2009/02/09 07:37 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/354-0162889b