suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

R.ブラウン氏「来季のドライバーは急いで決めない」 

 Hondaのチームプリンシパルを務めるロス・ブラウン氏が、来シーズンの体制について「来季のドライバーは急いで決めない」と語った。現地時間(以下、現地時間)14日、イギリスのモータースポーツ専門誌『Autosport』(電子版)が伝えている。

 ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェッロのドライバーラインアップが今年3シーズン目になるHondaだが、来季も両ドライバーと契約するのか、現時点では明らかになっていない。R.ブラウン氏は、「現在交渉中で、夏の間に進展するだろう。我々が優先すべきことは、来季に向けいいマシンを用意することだ。だから色々と動きはあるが、そんなに急ぐことはない。私としては、とても優れた2人のドライバーがいると思っているので、まず我々がすべきなのは、それに見合ったマシンをつくることだよ。こちらがいいマシンを用意すれば、我々のドライバーに彼らが力を発揮するためのチャンスを与えることができるし、こちらも検討できる。ドライバーに問題があるとは思っていない」と語り、マシン開発を優先していると明かした。

 J.バトンは契約延長が濃厚との見方が強い一方、R.バリチェッロはHonda残留を強く希望している。R.ブラウン氏は前戦イギリスGP決勝を前に、フェラーリ時代にともに過ごしたことのあるR.バリチェッロを、「ミハエル(・シューマッハ)の影響から脱した彼は、よりすばらしい機会が与えられていると認識したのだと思う。ミハエルは並外れた存在だった。同じチームでレースをするドライバーは誰であれ、過度な挑戦をすることになったのだ。ルーベンスはそれに対処するというすばらしい仕事をやってのけた。そして、もちろん今はもうその必要はない。そのことが彼の可能性をさらに大きく広げたと思う。フェラーリにいたときに覚えている当時の彼よりも、ひょっとしたらいいドライバーになっているかもしれないね」と評価していた。

ISM

スポンサーサイト
[ 2008/07/16 23:33 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/287-34ea4243