suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

ホッケンハイム合同テスト3日目 

ホッケンハイム@バトン76687612754


この日の最速はマッサ。

ホンダのバトンが2位に着けています。


ホンダチーム、ホッケンハイムテスト3日間のコメント。

アレキサンダー・ブルツ

「自分が担当した1日で晴れ、雨、本格的な嵐といったかなり極端な天候を経験した。少なくとも、来週末にどんな天候になったとしても準備はできているけどね! たくさんのテストアイテムがあったから、コース上で作業できるすべてのチャンスを最大に生かせたし、エンジンのドライバビリティと空力開発に関してはいくつか興味深いテストを実施できたと思う。スペインのテストコースとは違う場所でのテストだから、それに合わせた変更を行った」

ルーベンス・バリチェロ

「ホッケンハイムでテストをしたのは今回が初めてだったけど、レースをする場所でその1週間前にテストができるっていうのは明らかに有益なことだね。ブレーキングの安定性に問題があって、修復するのにかなりの時間を要したけど、予定していたほとんどのプログラムはポジティブだった。ホッケンハイムではこれまでに多くの喜びを与えてもらっているから、来週を楽しみにしている。今週もまた一歩前進できたけど、ドライコンディションであれば必要だと思うだけの競争力がまだないと思う」

ジェンソン・バトン

「僕の担当日はとても生産的で、たくさんの有益な空力作業を実施できたし、異なるタイヤのコンパウンドを比較するロングランにも取り組めた。試した新パーツはポジティブだったし、僕が走った121週の中で多くのことをやり遂げられたと思う。レース週末になってみるまでは改良パーツがどれだけのものをもたらしてくれるかは実際分からないけど、来週、またここに戻ってくるのを楽しみにしている」

スティーブ・クラーク

「来週末のレースに向けてシルバーストーンからの継続として、新しい空力パッケージを投入することになっている。前回のテストでは天候の影響からそれらの開発の利益を十分に評価するのが難しかったので、忙しいテストプログラムの中でさらなるレビューを行った。メカニカル変更とシルバーストーンでルーベンス(バリチェロ)のピットストップ時に起こった問題とは別件の新しい燃料システムを導入し、エンジンドライバビリティの改良にも取り組んでいる。しかしながら、その(ピットストップの)問題が起こった原因を特定する機会を設け、ドイツGPに間に合うようやり方を改訂するつもりである。全体として今週、われわれはここで進歩できたと思う」



1. マッサ F2008 1:14.989  109
2 .バトン RA108 1:15.081 121
3 .コバライネン MP4-23 1:15.289 123
4. ウェバー RB4 1:15.378  118
5 .ベッテル STR3 1:15.556  106
6 .アロンソ R28  1:15.593  115
7. 中島一貫 FW30  1:15.759 119
8 .クビサ F1.08 1:15.869 107
9.トゥルーリ TF108 1:16.065  129
10 . フィジケラ VJM01 1:16.113 74

 ベストタイム、 マシン名、週回数はすべて非公式です。

スポンサーサイト
[ 2008/07/11 02:03 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/277-90bc6c87