suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

ロス・ブロウン、カナダGPに向け抱負を語る 

honda275983476034


Honda Racing F1 Teamは今週再びヨーロッパを離れ、カナダへと向かう。

モントリオールのジル・ビルヌーブサーキット(全長4.361km、全70周)で行われる、第7戦カナダGP。去年まではアメリカGPとの2連戦だったが、今年はこれが北米唯一のグランプリとなる。
 サーキットのあるノートル・ダム島は、1967年に開催された万博用地として、セント・ローレンス川に作られた人口島である。その後1976年のオリンピックの際には、ボート競技の舞台にもなった。カナダGPはここで1978年から行われている。
 コースは6本の直線をシケインや低速コーナーでつなぐというレイアウト。マシンには、かなり低いダウンフォースが求められる。ターン10のヘアピンから最終シケインまでの直線が最長で1kmほどある。そのためブレーキング直前では、最高速は時速324kmになる。
カナダGPに挑むにあたり、チームプリンシパルのロス・ブロウンは、前戦モナコGPを振り返り、次のように語る。
「前戦モナコGPでのRA108のパフォーマンス、速さは、満足できるものだった。ポイントが獲得できたこともよかったし、何よりルーベンスにとっては今季初入賞だった。しかし今週末のカナダは、モナコとはまったく違う挑戦になる。ダウンフォースは中から下、モナコとは対照的なクルマ作りが求められる。長い直線と低速コーナーの組み合わせは、マシンへの負荷もかなり大きくなる。ここ数戦での進化には、素直に喜んでいる。しかし我々のクルマは依然として、ストレートでの最高速が欠けている。この週末、いかにマシン性能を十分に引き出すかが、カギになるだろう。モナコよりも、厳しいレースになりそうだ」

[Honda Racing F1]

スポンサーサイト
[ 2008/06/04 20:11 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/254-b7f11404