suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

F1オーストラリアGP決勝  

HAM73755-2-3.jpg


2008年シーズンの緒戦を飾るF1世界選手権第1戦オーストラリアGPの決勝レースがメルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われ、注目の開幕ウイナーが決定した。

今日のメルボルンも快晴に恵まれ、気温36℃、路面温度51℃、湿度11%のドライコンディション。計58周で争われるレースは、のっけからセーフティカーが投入される波乱の幕開けとなった。結局、計3回ものセーフティカー登場で、最終的にチェッカーを受けたのはわずか7台というサバイバルレースとなった。

そんな、し烈な戦いを制し勝利をもぎ取ったのはマクラーレンのルイス・ハミルトン。終始トップを譲らない完璧な走りで、王座獲得に燃える2008年シーズン、まずは1勝を挙げた。

2位にはニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、3位にはニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)が入り、それぞれ表彰台に上がっている。

4位はフェルナンド・アロンソ(ルノー)、5位はヘイキ・コバライネン(マクラーレン)、6位には日本勢の一角、Honda Racing F1のルーベンス・バリチェロが入り、3ポイントを獲得。そして7位にはF1フル参戦初レースに臨んだ中嶋一貴(ウィリアムズ)が続き、堂々の2ポイント獲得を果たした。

8位は残り3周でストップしてしまったセバスチャン・ボーデ(トロ・ロッソ)。また、ディフェンディングチャンピオンのキミ・ライコネン(フェラーリ)も55周目にストップ。完走扱いにはなったものの9位という不名誉な結果に終わった。

そのほかティモ・グロック(トヨタ)、佐藤琢磨(SUPER AGURI)、ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、ジェンソン・バトン(Honda Racing F1)、アンソニー・デビッドソン(SUPER AGURI)といった日本勢はリタイアとなった。

2008年F1世界選手権第2戦マレーシアGPは3月21日(金)に開幕。フリー走行1回目は日本時間11時に開始される。

F1-Live.com
RACING-LIVE Japan


接触が相次ぐ中、ポールから逃げたハミルトンが優勝。

レースは荒れに荒れて完走7台。
(ホンダのバリチェロは失格。)

結果:GpUpdate.net

1 L・ハミルトン マクラーレン 1:34:50.616 (逃げた。)
2 N・ハイドフェルド BMW + 5.478  (ハードワークの結果。)
3 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 8.163  (快挙。)
4 F・アロンソ ルノー + 17.181
5 H・コヴァライネン マクラーレン + 18.014
6 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 1 laps
Did not finish
7 S・ボーデ トロロッソ + 3 laps
8 K・ライコネン フェラーリ + 5 laps
9 R・クビサ BMW + 10 laps
10 T・グロック トヨタ + 14 laps
11 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 27 laps
12 N・ピケ・ジュニア ルノー + 28 laps
13 F・マッサ フェラーリ + 29 laps
14 D・クルサード レッドブル + 33 laps
15 J・トゥルーリ トヨタ + 38 laps
16 A・スーティル フォースインディア + 49 laps
17 M・ウェーバー レッドブル + 57 laps
18 J・バトン ホンダ + 57 laps
19 A・デビッドソン スーパー アグリ + 58 laps
20 S・ヴェッテル トロロッソ + 58 laps
21 G・フィジケラ フォースインディア + 58 laps
22 R・バリチェロ ホンダ no time


スポンサーサイト
[ 2008/03/16 16:48 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/218-3f9d0f70