suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

F1 2008 開幕 ホンダが上々 

メルボルン@ホンダ


「開幕戦初日、バトン11番手、バリチェロ14番手」 3月14日・金曜日(初日フリー走行) 天候:晴れ 気温:31~37度
 開幕戦オーストラリアGPの初日フリー走行で、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは11番手、ルーベンス・バリチェロは14番手だった。

Honda Racing F1 Team 初日の展開:

 2008年開幕戦のオーストラリアGP。舞台となるメルボルンは、これから秋に向かおうという時季だ。ところが初日は午前10時の時点で路面気温34度、気温31度と、真夏並みの暑さに見舞われた。この時期にこれだけ気温が上がるのは希有なことで、各チームは冷却対策に追われた。
 1回目のフリー走行は暑さに加え、時おりかなり強い風の吹くコンディションとなった。それでもHondaの2台は後半にペースを上げ、バトン11番手、バリチェロ15番手だった。
 2回目のフリー走行の始まる午後2時の時点で、気温36度、路面温度は47度まで上昇した。Honda勢は終了間際にアタックを試み、バトン11番手、バリチェロ14番手だった。

RA108@メルボルン6884587


■ジェンソン・バトン
1回目フリー走行 11番手 1分29秒124
2回目フリー走行 11番手 1分28秒632

Q.これまでの、RA108パフォーマンスは?

A.今日は僕らにとっていい日だった。タイヤの作業に重点をおいて、とても暑いコンディションの中でマシンのベストを引き出した。すべてが順調に進んで、マシンはヘレステストと同じくらいの感触なのがうれしい。明日の終わりにならないと、ライバルに比べてどのくらいの位置にいるかはわからないだろう。今のところ僕らのプライオリティーは、自分たちのテストに集中し、ここのコンディションや要求にあったセットアップをマシンに施すことだ。

Q.冬のテストで訪れたサーキットに比べ、アルバート・パークの印象は?

A.プレシーズンテストで使っていたスペインのサーキットとは全く違うため、マシンのセットアップをトラックコンディションに合わせるために、一から作業を始めた。特に、アルバート・パークはテストサーキットに比べて、とてもバンピーだ

■ルーベンス・バリチェロ
1回目フリー走行 15番手 1分29秒533
2回目フリー走行 14番手 1分28秒849

Q.2回のセッションを通じて、トラックコンディションはどのように改善したか?

A.今日はとても暑くてドライだった。午後になって気温が上がったため、今日のコースは全体的にグリップを失っていた。午前の方が路面は良く、そのときの方がマシンにずっと満足していた。

Q.明日の予選アタックでマシンはどのようなパフォーマンスを見せると思うか?

A.予選のパフォーマンスについて話すのは、まだ早すぎる。今日のプログラムを通じ、マシンはかなりコンサバティブで、テストより良くなっていると思ったが、金曜はそれぞれが異なる量の燃料を積み、独自のプログラムで走っているから、本当の意味で参考にはならない。明日は中団につくことを狙い、そうできると信じている

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.シーズン最初のプラクティスセッションはうまくいったか?

A.うまくいった。天候や路面状態が難しかったにもかかわらず、セッションは計画通り、とてもうまく進んだ。いつもどおり、レースの最初の日には、冬のテストの間に経験しなかったようなことがわかったりするが、これから2日間で解決できないようなことは何も起こっていない

Q.残りの2日間について、何か兆候はあったか?

A.ライバルたちに比べると、われわれのパフォーマンスは、まだはっきり確立されていない。しかし、このレースに向けた空力のアップデートはうまく機能しているようだし、トップ2以外のチームと互角に戦えるだろう。明日が本当の意味でのテストで、グリッドでの挑戦が始まる。われわれには、ミスさえしなければ上位グリッドにマシンを進めることができるという、自信がある。今週末これだけ暑くなるとは予想外だが、全体のパフォーマンスに少し手を施すことで、確実な戦いができるはずだ。

Honda Racing F1 Team

ホンダがレースに向けて地道に前進を進めている模様です。
スポンサーサイト
[ 2008/03/14 23:29 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/213-c91a9b8b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。