suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

F1韓国GPサーキーット公開 

Jeollanam-doIMG


開催国、噂を含めアジアが熱い。

西アジア(中東)

・トルコ(トルコGP)
・バーレーン(バーレーンGP)
・アラブ首長国連邦(アブダビGP)?
・カタール(?)

東、東南アジア

・日本(日本GP)
・中国(中国GP)
・マレーシア(マレーシアGP)
・韓国(韓国GP)
・シンガポール(シンガポールGP)
・インドGP(インドGP)

と、アジア諸国がF1開催を巡りヒートアップそして、GP数が増加し続けているしているが、近代サーキットでは収益減のところがあり、日本GPの鈴鹿開催(もちろん)も期待したいものだ。

2010年のF1カレンダーにリストアップされている韓国GP 【F1コリア・インターナショナル・サーキット(仮称)が公開されています。】

以下

2010年に全羅南道霊岩郡西南海岸観光レジャー都市開発事業の一環として開催される自動車レースのフォーミュラワン(F1)コリア・グランプリのサーキット場建築デザインが公開された。全羅南道が22日、設計推進中韓報告会を行い発表した。

 世界有数のF1サーキットデザイナー、ティルケ氏率いるティルケエンジニアリングがデザインするサーキット場「F1コリア・インターナショナル・サーキット(仮称)」は、全長5.684キロメートル、直線区間は1.25キロメートル。平均時速は212キロメートルで、最高320キロメートルまで出すことが可能だ。常設トラック(3.047キロメートル)とF1クラストラック(5.684キロメートル)を組合わせた世界的にも類のない多機能ハイブリッド型サーキット場として設計される予定で、F1だけでなくあらゆるモータースポーツ大会の開催が可能となる。

 湖を背景に建設されるサーキット場は、グランドスタンドに韓国の伝統的な瓦屋根のデザインを導入するほか、500席規模のメディアセンター、テレビ中継のため80%以上の視野を確保し施設を配置するなど、既存のサーキット場との差別化を図る。

 全羅南道は6月までに都市管理計画決定と実施計画認可を終え、7月着工、2009年末の完工を目指す。韓国の伝統美と地域固有の美を生かしたサーキット場は、1つの観光商品となるものと道では期待している。


スポンサーサイト
[ 2007/03/24 00:54 ] F1 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/03/24 10:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/21-bf4e6fac






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。