suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マルヤの野望 

マルヤ54641300


ドライバーラインアップを公表した10日(木)、フォース・インディアの共同オーナーであるビジェイ・マルヤはチームの予算を5,000万ドル(約54億5,000万円)増額することを明らかにした。

ムンバイで開催されたチームの体制発表会で、インドの大富豪であるマルヤは2007年、苦戦を強いられたチームの前身、スパイカーの予算が7,000万ドル(約76億2,800万円)だったのに対し、フォース・インディアの初年度予算が、総額1億2,000万ドル(約130億7,640万円)であると発表。

同チームのレースドライバーに就任したジャンカルロ・フィジケラは、インドの『PTI』通信に次のようにコメントしている。

「間違いなく、僕らがレースで勝ったり、表彰台に上ったりすることはないだろう」

「でも、予算が増額されたことで、グリッド最高峰から可能な限り最高の結果を目指していれば、中団チームにはなれるはずだ」

一方、フィジケラのチームメイトとなるエイドリアン・スーティルは、フォース・インディアの2008年度予算は確定されたものではないと明かした。

「マルヤ博士は資金が必要ならば、迷わず投入すると言ってくれた」と、F1の公式Webサイトで語ったスーティルは、こう締めくくっている。

確実にプロ意識が高まっていると思う

RACING-LIVE Japan


フォース・インディアのドライバーがなかなか現実的コメントをしてます。

マルヤ氏の考えるところは、F1界に身を投じてまず、世界にフォース・インディアをアピールすること、さらにF1をよく知らないインド国民や、インド企業・インド政府にフォース・インディア(インドのチーム)をアピールすることにより、インドGP開催を確実なものとする基盤を作り上げることでしょぅ。

インド国民・インド企業・インド政府の足並みが揃えばインドGP開催は確実なものとなり、マルヤ氏はインドGP(サーキット)の中心的人物となります。

上海GPの汚職に関与したどこかの「汚職の見本」とはえらい違いですな。


スポンサーサイト
[ 2008/01/13 20:49 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/186-d2a2a22e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。