suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

フェラーリがマクラーレンを大口撃 




マクラーレンに対する怒りが収まらないフェラーリ



フェラーリの首脳は、マクラーレンのスパイ行為に対する怒りが未だに収まっていないことを明らかにした。

マクラーレンが2008年マシンにおける数箇所の開発凍結に合意したことを受けて、世界自動車連盟(FIA)は“スポーツの利益のために”この件の幕を引くことを決定した。

しかし、フェラーリとフィアットの会長であるルカ・ディ・モンテゼモーロは、マクラーレンが今になってチーム内にフェラーリの情報が広まっていたことを認めたことに対し、皮肉をこめて次のように語っている。

「私は、(フェラーリとマクラーレンの2008年マシンの)カラーリングが違うことだけは確信できる。赤いマクラーレンはありえないだろう」

「他の話をしたほうがよさそうだね」

また、フェラーリのチーム代表を長年務め、同チームのCEOでもあるジャン・トッドは、マクラーレンが最初の世界評議会で不誠実であったことを痛烈に批判している。

トッドは、マクラーレンがマイク・コフラン以外には情報が渡っていなかったとする声明と発表していたことを思い返し、『Corriere dello Sport(コリエーレ・デッロ・スポルト)』に対して次のように語っている。

「その3ヵ月後には、その発表が完全に誤りであったとFIAが証明した」

「彼らは、誤った内容の文書に署名をさせることで従業員を堕落させた」

トッドはさらに、2008年シーズンへ向けたマクラーレン首脳陣の人事についても語っている。

「ロン・デニス(マクラーレン代表)は追放されるべきかだって? われわれがFIAの代わりに裁定を下すことは出来ないよ」

「2008年にマクラーレンがどうなるか見てみようじゃないか。今は12月で、選手権は3月に始まる。3ヶ月あれば色々な事が起こりえるさ」

TopNews.jp


まあ、フェラーリはよくスパイ事件の黒幕をあぶり出したものです。

フェラーリ首脳が2008年のマクラーレンに対して優位に立とうと、さらなる口撃をみせてる模様です。


スポンサーサイト
[ 2007/12/25 22:55 ] F1 | TB(0) | CM(2)

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!!
[ 2008/01/01 18:14 ] [ 編集 ]

明けましておめでとうございます。

こちらこそご愛顧の程、宜しくお願いします。

ホンダがなんとかポールを狙うチームになることを期待してます。

2008年の開幕が待ち遠しくて成りません。
[ 2008/01/01 23:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://detectivef1.blog56.fc2.com/tb.php/181-e7e63ad2