suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

ハミルトン、「ナイトレースの危険性を警戒」 

しんがぽーる8967858


目下、今シーズンのチャンピオンシップをリードするマクラーレン・チームのルイス・ハミルトン(23歳:イギリス)は、9月に予定されるシンガポールGPについてその危険性を危惧していることを英『ロイター』に語った。

「初めてのサーキットというのは、それだけでエキサイティングなものだけど、ここはさらにパーマネントコースではなく一般公道が使われるんだよね。
ということは、縁石もあれば道路のペイントもあるだろう。
そうしたものをすべてチェックしないといけないのに、その上ナイトレースだなんて、危険すぎるんじゃないのかな。

照明の影と壁との関係とか、不確実な危険要素が多過ぎるよ」と、指摘した。

Fmotorsports F1


すでにサーキットととして承認を得た不確定要素を多くはらんだ史上初のナイトレース、フリー走行→予選は夕方から夜、ドライバーとしての技量、器量が問われるGPとなりそうです。

MP4-23はドライブし易そうな気がしますが。
しんがぽーるCITY@日が落ちた頃

スポンサーサイト
[ 2008/07/27 07:31 ] F1 | TB(1) | CM(0)

ヘレス合同テスト 

ヘレス合同テストが終了。


ホンダ-RA108のシャークフィン。

RA108@3413657



マクラーレン-MP4-23の像耳。

MP4-23@813657



フェラーリ-F2008のシャークフィン。

F2008@763266


新しい空力パーツが投入されている模様。
シャークフィンはフェラーリにまで広がっている。

今回のテストではBMWザウバーのメカニックがクルマに触れてKERS(運動エネルギー回収システム)より感電したといわれている。また、スリックタイヤなど、すでに各チームが2009年のレギュレーションに向けて積極的に動き出している格好となっている模様。


KERSシステム関連ではレッドブルのファクトリーがぼや騒ぎを起こした。

[ 2008/07/26 07:39 ] F1 | TB(0) | CM(1)

海の日は崖の上のポニョ 

みなさん海の日、暑くてうんざりしている人は宮崎駿監督最新作の「崖の上のポニョ」を観に行かれてはどうでしょうか?


とくに宮崎駿ファンの方は必見でしょう。!



あえてレビューは書きませんが、Goo映画に「崖の上のポニョ」情報が掲載されています。

 ↓

崖の上のポニョ - goo 映画



goo映画で好みの映画を検索してみてはどうでしょうか?




[ 2008/07/21 08:58 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

F1ドイツGP2008決勝  

HAM@ホッケンハイム113456186

ポール・スタートのハミルトンが圧倒的な速さで優勝。

レース中盤グロックがクラッシュ、セーフティカーが入るが、ピケJr.はSCが入る前にピットに飛び込み、給油を済ませてトップでコースに戻り、1回スットップで2位表彰台に上がった。
(グロックは自力でコクピットから脱出した模様です。)
TF108@ホッケンハイム208209850
このクラッシュでセーフティカーが入り、ピットレーンオープン後、トップ走行中のハミルトンはピットに入らず周回を続けた。他の上位陣らはこの間にピットになだれこんで2回目の給油を済ませてコースに復帰、一時ピケJr.、マッサがハミルトンをリードしたが、2回目のピットストップを終わらせたハミルトンに追い上げられ、なんなくパスされてしい優勝を逃してしまった。

2位のルノー-ピケJr.は嬉しいでしょぅ。

ピケJr.@ホッケンハイム213767974


ホンダはバトンが17位、バリチェロがリタイヤと良いところなし。
ハンガロリンクに期待です。
RA108@ホッケンハイム545763468



ドイツGP決勝結果

1 L・ハミルトン マクラーレン 1:31:20.847
2 N・ピケ・Jr. ルノー + 5.586
3 F・マッサ フェラーリ + 9.339
4 N・ハイドフェルド BMW + 9.825
5 H・コバライネン マクラーレン + 12.411
6 K・ライコネン フェラーリ + 14.483
7 R・クビサ BMW + 22.603
8 S・ベッテル トロロッソ + 33.282
9 J・トゥルーリ トヨタ + 37.199
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 37.658
11 F・アロンソ ルノー + 38.625
12 S・ボーデ トロロッソ + 39.111
13 D・クルサード レッドブル + 54.971
14 G・フィジケラ フォースインディア + 59.093
15 中嶋一貴 ウィリアムズ + 1:00.003
16 A・スーティル フォースインディア + 1:09.488
17 J・バトン ホンダ + 1 laps
Ret.
18 R・バリチェロ ホンダ + 17 laps
19 M・ウェーバー レッドブル + 27 laps
20 T・グロック トヨタ + 32 laps






[ 2008/07/20 23:18 ] F1 | TB(12) | CM(5)

F1ドイツGP予選ハミルトンがポール 

HAM@ホッケンハイム113456178


第10戦、ドイツ・グランプリ(GP)は19日、当地のホッケンハイム・サーキットで公式予選が行われ、ハミルトン(マクラーレン・メルセデス(地元))が1分15秒666で1位となり、今季3度目、通算9度目のポールポジションを獲得した。

マッサが2位、コバライネン(マクラーレン・メルセデス(地元))が3位で続いた。

ガソリンの搭載量から考えるとマクラーレン&フェラーリの速さは際立っている。

地元ドイツ人ドライバーでQ3進出したベッテルのみで、ハイドフェルド、グロック、ロズベルグ、スーティルら、惨敗。
フリー走行から理解不能の走りをしていたクビサ(BMW(地元)は7位に、ハイドフェルド(BMW(地元))は12位に終わっている。

ドイツ人ドライバー&(BMW(地元))は揃って何アホしてんの?といった感じの結果に。
(特にBMW(地元)のハイドフェルド(地元でコースオフ))


ホンダはバトンがQ2敗退で14位、バリチェロはQ1で惨敗。
 
[ 2008/07/20 06:36 ] F1 | TB(0) | CM(1)

ブラウン代表(ホンダ)、「誰とも契約していない」 

ホンダ・チームのロス・ブラウン代表は、2009年の同チームのドライバーについて、「まだ誰とも契約していない」とラインナップが白紙の状態であることを明らかにした。


ただホンダについては一部に現ルノーのフェルナンド・アロンソ獲得を狙っているのでは、という噂もあるが、ブラウン代表は「それが1年契約というのであれば話にならない。
誰がドライバーであれ、われわれはもっと長期的視野に立って物事を考えている」と、否定的な見方を示している。

また一方、ニック・フライ/CEOのほうも、われわれの「成績が不振なのはドライバーに責がある訳ではないことを理解している。
それだけのマシンを用意できていないのだから、ね」と語り、2009年も同じドライバー・ラインナップである可能性が有力であることも示唆している。

メディアの予測ではバトンについては残留が確定的だが、バリチェッロについては微妙とみる向きも多いようだ。

FMotorsports F1

[ 2008/07/19 10:56 ] F1 | TB(0) | CM(1)

ホンダ代表、「現実的になる必要」を強調 

前戦イギリスGPで、ルーベンス・バリチェッロがチーム加入後初となる3位表彰台を得たホンダ・チームだが、ロス・ブラウン代表はドイツGPを前に「われわれは現実的になる必要がある」と、訴えた。

「イギリスGPでの結果は確かにチームにとって好ましいものとなったが、しかしめまぐるしく変わった天候など、特異なケースであったことを理解しなければならない。
通常のドライ・コンディションで、われわれが同じようなパフォーマンスを繰り返すことができるという妄想は捨てなければ、ね。
ただ、先ののホッケンハイムテストでもわれわれはさらに新たなグレードアップを各面で投入している。

これらにより、われわれはさらにより良いグリッド、そしてより良いレース・パフォーマンスを目指すことだろう」


FMotorsports F1


[ 2008/07/17 23:21 ] F1 | TB(0) | CM(0)

R.ブラウン氏「来季のドライバーは急いで決めない」 

 Hondaのチームプリンシパルを務めるロス・ブラウン氏が、来シーズンの体制について「来季のドライバーは急いで決めない」と語った。現地時間(以下、現地時間)14日、イギリスのモータースポーツ専門誌『Autosport』(電子版)が伝えている。

 ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェッロのドライバーラインアップが今年3シーズン目になるHondaだが、来季も両ドライバーと契約するのか、現時点では明らかになっていない。R.ブラウン氏は、「現在交渉中で、夏の間に進展するだろう。我々が優先すべきことは、来季に向けいいマシンを用意することだ。だから色々と動きはあるが、そんなに急ぐことはない。私としては、とても優れた2人のドライバーがいると思っているので、まず我々がすべきなのは、それに見合ったマシンをつくることだよ。こちらがいいマシンを用意すれば、我々のドライバーに彼らが力を発揮するためのチャンスを与えることができるし、こちらも検討できる。ドライバーに問題があるとは思っていない」と語り、マシン開発を優先していると明かした。

 J.バトンは契約延長が濃厚との見方が強い一方、R.バリチェッロはHonda残留を強く希望している。R.ブラウン氏は前戦イギリスGP決勝を前に、フェラーリ時代にともに過ごしたことのあるR.バリチェッロを、「ミハエル(・シューマッハ)の影響から脱した彼は、よりすばらしい機会が与えられていると認識したのだと思う。ミハエルは並外れた存在だった。同じチームでレースをするドライバーは誰であれ、過度な挑戦をすることになったのだ。ルーベンスはそれに対処するというすばらしい仕事をやってのけた。そして、もちろん今はもうその必要はない。そのことが彼の可能性をさらに大きく広げたと思う。フェラーリにいたときに覚えている当時の彼よりも、ひょっとしたらいいドライバーになっているかもしれないね」と評価していた。

ISM

[ 2008/07/16 23:33 ] F1 | TB(0) | CM(0)

自己満足ブログ インフォメーション   


本人が自己満足のためにブログを利用しているだけのブログです。


文言を修正する気はほとんどありません。


(文章の構成等はおおよそで書いてます。あまり変わりません。)


■記事内容・結果・速報


記事につきましては、一切の責任を負いかねます。不愉快と思う方は見ないようにしてください。



■リンク先でのログインは自己責任でお願いします。


■コメント&トラバック


流石に変なジャンルは管理人自身、バカではないと思ってますので相手にしないようにしています。


■個人情報


取り扱い、関与しておりません。



■世界のニュースをピックアップします。



■詐欺の撲滅も目指しています。(政治家などではありません)




■このブログに不満がある方々はどうぞこちらから→警視庁ホームページ




自己満足するだけの癒しブログ@管理人


ENEOSカード

[ 2008/07/16 23:16 ] 自己満足Blog Information | TB(0) | CM(0)

2008海の日は3連休、ANA(全日空)時刻表 

この前、適当に撮った海の写真です。

sea1
2008@sea2
2008@sea3
2008@sea4




海の日、連休を利用して国内、海外にお出かけの方、ANA(全日空)公式サイトに時刻表があります。




http://www.ana.co.jp/asw/index.jsp


[ 2008/07/14 21:12 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

グッドウッドフェスティバル開催 

ホンダレーシングF1からはRA107とともにブルツとバトンが参加しています。

2008年7月11日~7月13日

http://www.hondaracingf1.com/loband/news.php?pagest=10&pageln=10&item_id=2200&year=2008
From_goodwoodFestival@Honda3468314.jpg

http://www.goodwood.co.uk/

[ 2008/07/13 20:36 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

サンタンデールがアロンソのフェラーリ入りを後押し? 

本人が否定しているにもかかわらず、2度のF1チャンピオン、フェルナンド・アロンソが2009年にフェラーリ入りするというウワサは収まる気配を見せていない。今回、ビッグスポンサーであるサンタンデールがフェラーリに移ることによって、アロンソの契約締結を後押しするのでは、という新たな説が浮上した。

 ドイツのスポーツ・ビルト誌によると、マクラーレン・メルセデスの主要スポンサーであるサンタンデールは、来年からフェラーリに移り、1シーズンにつき2500万ユーロの契約を結ぼうとしているという。そして、これと共にアロンソがフェラーリに加入するというのだ。
 スペインの銀行であるサンタンデールは、2007年初めにアロンソと共にマクラーレンに加わった。しかし、アロンソが昨年末、マクラーレンとの3年契約の1年を終えたところでチームを離れてしまったことから、サンタンデールもこの動きに従おうとしているということらしい。
 スポーツ・ビルト誌の報じるところによれば、サンタンデールとフェラーリとアロンソの契約には、ドライバーのスーツとフロントウイング、リヤウイングにスポンサーのロゴが入ることと、アロンソ雇用のために年間3000万ユーロを提供するという項目が含まれているという。サンタンデールの会長、エミリオ・ボティンは、先日のイギリスGPに来場していた。

 アロンソは、シルバーストンで報道陣に対し、2009年にどこでドライブするか発表するのは9月になると語った。その一方で、偶然か否かは分からないが、F1SAは、フェラーリが例年ラインナップを発表するのはイタリアGPであることを指摘している。今年のイタリアGPは9月14日に行われる。
 スペインのディアリオAS紙は、アロンソのフェラーリでのチームメイトがディフェンディングチャンピオンのキミ・ライコネンとなるだろうと推測している。フェリペ・マッサは、シルバーストンで散々な結果に終わった。
「ウワサが本当かどうかは分からない」とフェラーリのテストドライバーであり、アロンソと同じスペイン人でもあるマルク・ジェネはsport.esに対して語っている。
「でも、キミとアロンソ、あるいはフェリペとアロンソが一緒に走ることになっても、あるいは今のままでも、問題はないと思うよ」

AUTOSPORT WEB

[ 2008/07/11 22:30 ] F1 | TB(0) | CM(0)

ホッケンハイム合同テスト3日目 

ホッケンハイム@バトン76687612754


この日の最速はマッサ。

ホンダのバトンが2位に着けています。


ホンダチーム、ホッケンハイムテスト3日間のコメント。

アレキサンダー・ブルツ

「自分が担当した1日で晴れ、雨、本格的な嵐といったかなり極端な天候を経験した。少なくとも、来週末にどんな天候になったとしても準備はできているけどね! たくさんのテストアイテムがあったから、コース上で作業できるすべてのチャンスを最大に生かせたし、エンジンのドライバビリティと空力開発に関してはいくつか興味深いテストを実施できたと思う。スペインのテストコースとは違う場所でのテストだから、それに合わせた変更を行った」

ルーベンス・バリチェロ

「ホッケンハイムでテストをしたのは今回が初めてだったけど、レースをする場所でその1週間前にテストができるっていうのは明らかに有益なことだね。ブレーキングの安定性に問題があって、修復するのにかなりの時間を要したけど、予定していたほとんどのプログラムはポジティブだった。ホッケンハイムではこれまでに多くの喜びを与えてもらっているから、来週を楽しみにしている。今週もまた一歩前進できたけど、ドライコンディションであれば必要だと思うだけの競争力がまだないと思う」

ジェンソン・バトン

「僕の担当日はとても生産的で、たくさんの有益な空力作業を実施できたし、異なるタイヤのコンパウンドを比較するロングランにも取り組めた。試した新パーツはポジティブだったし、僕が走った121週の中で多くのことをやり遂げられたと思う。レース週末になってみるまでは改良パーツがどれだけのものをもたらしてくれるかは実際分からないけど、来週、またここに戻ってくるのを楽しみにしている」

スティーブ・クラーク

「来週末のレースに向けてシルバーストーンからの継続として、新しい空力パッケージを投入することになっている。前回のテストでは天候の影響からそれらの開発の利益を十分に評価するのが難しかったので、忙しいテストプログラムの中でさらなるレビューを行った。メカニカル変更とシルバーストーンでルーベンス(バリチェロ)のピットストップ時に起こった問題とは別件の新しい燃料システムを導入し、エンジンドライバビリティの改良にも取り組んでいる。しかしながら、その(ピットストップの)問題が起こった原因を特定する機会を設け、ドイツGPに間に合うようやり方を改訂するつもりである。全体として今週、われわれはここで進歩できたと思う」



1. マッサ F2008 1:14.989  109
2 .バトン RA108 1:15.081 121
3 .コバライネン MP4-23 1:15.289 123
4. ウェバー RB4 1:15.378  118
5 .ベッテル STR3 1:15.556  106
6 .アロンソ R28  1:15.593  115
7. 中島一貫 FW30  1:15.759 119
8 .クビサ F1.08 1:15.869 107
9.トゥルーリ TF108 1:16.065  129
10 . フィジケラ VJM01 1:16.113 74

 ベストタイム、 マシン名、週回数はすべて非公式です。

[ 2008/07/11 02:03 ] F1 | TB(0) | CM(0)

イギリスGPハミルトン優勝/ホンダのバリチェロ-3位 

ハミルトン@シルバーストン5050921000


地元イギリス出身のハミルトンが4位スタートから優勝。


スタート後、第1スティントで1位・ハミルトン、2位ライコネンの順、ライコネンの猛追を受けながら2人が同時ピットインし、ハミルトンはスタンダード・ウェットタイヤを交換してコースに復帰、ライコネンはスタンダード・ウェットタイヤを交換せずコースに復帰したが、タイムが伸びず順位を大きく落とす羽目に。
明暗を分けたのは雨の中での1回目のピットストップだった。

天候を見方に付けることができたハミルトンは2位以下を大きく突き放した後、大勢の地元のファンの声援の後押しを受けながらクルージングでチェッカー。

シルバーストン@ファン7634732524



天候を見方に付けることができたといえばホンダのバリチェロ。

レース終盤、雨が激しく降り始めると、咄嗟の判断でスタンダード・ウェット→エクストリーム・ウェットにタイヤ交換、これが大ヒット、ぐんぐん順位を上げてレースが終わりな、なんと16位スタートから3位チェッカーを受けて表彰台に上っていた。

564688789794979


今シーズン、表彰台を諦めかけていたであろうと思われるホンダファン・スタッフに久々の吉報をもたらしてくれた。

HondaF1@スタッフ04793447


フェラーリ時代、ミハエル・シューマッハの引き立て役にされていただけに涙ものです。(ノ▽`)ホッ

564688789794980



イギリスGP決勝結果

1 L・ハミルトン マクラーレン 1:39:09.440
2 N・ハイドフェルド BMW + 1:08.500
3 R・バリチェロ ホンダ + 1:22.200
4 K・ライコネン フェラーリ + 1 laps
5 H・コバライネン マクラーレン + 1 laps
6 F・アロンソ ルノー + 1 laps
7 J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
8 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 1 laps
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
10 M・ウェーバー レッドブル + 1 laps
11 S・ボーデ トロロッソ + 1 laps
12 T・グロック トヨタ + 1 laps
13 F・マッサ フェラーリ + 2 laps
Ret.
14 R・クビサ BMW + 21 laps
15 J・バトン ホンダ + 22 laps
16 N・ピケ・Jr ルノー + 25 laps
17 G・フィジケラ フォースインディア + 34 laps
18 A・スーティル フォースインディア + 50 laps
19 S・べッテル トロロッソ + 59 laps
20 D・クルサード レッドブル + 59 laps


Formula1 Blog Information

[ 2008/07/06 23:03 ] F1 | TB(1) | CM(0)

イギリスGP予選-コバライネン初ポール 

コバライネン@シルバーストン3464685648


コバライネンがやった。地元の僚友、ハミルトンを抑えてF1デビュー26戦目にして初ポール。
ハミルトンがミスで4位に沈んだため、優勝が見えている。

2番手にはウェバーが飛び込み、ポール獲得はならなかったが、2番手に付けフロント・ロウはフレッシュな顔ぶれとなった。
マクラーレンのパフォーマンスは良く、ウェバー曰く「ヘイキにやられた。」

3・9位に沈んだフェラーリの2台は後方からの追い上げとなる。

レッドブル-引退クルサードのシートに座るのではないか?と黙されているベッテルが評判どおりの走りを魅せて8位に付けた。


ホンダの2台は残念ながら2戦連続でQ1で落ちた。

イギリス出身のドライバーは予選では良いところがなかった。

地元イギリスでもイギリスのウイリアムズチームはどーなの?この結果。


イギリスGP予選結果

1 H・コバライネン マクラーレン 1:21.049
2 M・ウェーバー レッドブル 1:21.554
3 K・ライコネン フェラーリ 1:21.706
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:21.835
5 N・ハイドフェルド BMW 1:21.873
6 F・アロンソ ルノー 1:22.029
7 N・ピケ・Jr ルノー 1:22.491
8 S・ヴェッテル トロロッソ 1:23.251
9 F・マッサ フェラーリ 1:23.305
10 R・クビサ BMW no time
11 D・クルサード レッドブル 1:20.174
12 T・グロック トヨタ 1:20.274
13 S・ボーデ トロロッソ 1:20.531
14 J・トゥルーリ トヨタ 1:20.601
15 中嶋一貴 ウィリアムズ 1:21.112
16 R・バリチェロ ホンダ 1:21.512
17 J・バトン ホンダ 1:21.631
18 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.668
19 A・スーティル フォースインディア 1:21.786
20 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.885

[ 2008/07/06 09:30 ] F1 | TB(0) | CM(0)

イギリスGP-フリー走行2回目 

シルバーストンで、フリー走行2回目が行われた。

イギリス出身のドライバーの調子が良いようです。


・今期限りでF1引退を表明、クルサードが4位。

・地元で人気がウナギのぼり、このところペナルティ連発で失速ぎみ、ハミルトンが3位。

・クルマのパフォーマンスに不満を抱えるバトンが7位。


(元、スーパー・アグリのデビッドソンは今期チーム消滅で出走できず。)


こうしてみるとやはり、F1にイギリス出身のドライバーは多い、天候を上手く見方に付けることができれば優勝の可能性が上がる。モータースポーツ発祥の地であるイギリスの出身というプライドがあるだけに良い走りを魅せてもらいたい。



2010年からイギリスGPはドニントン・パークで開催されることが決定。

ドニントン・パーク34863534454



[ 2008/07/05 09:24 ] F1 | TB(0) | CM(0)

ぶらり走る。PART6 

行ってきました。

テーマは有りません。

適当。偶然綺麗に撮れたというくらいのものです。

好評の「ぶらり走る。シリーズでは見てもらえば分かるとおり、カメラ側の調整はほとんどしていません。適当です。」

20080704174300000.jpg


[ 2008/07/05 08:55 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

クルサード引退 

クルサード@引退表明


クルサードが引退を表明。

関連記事

Fmotorsports F1
クルサード、今週にも引退発表?

Gpupdate.Net
クルサード 今シーズン限りでの引退を表明



[ 2008/07/03 23:17 ] F1 | TB(0) | CM(0)

シルバーストン・テストレポート 

RA108@0353578965.jpg


Silverstone, 24-26 June 2008
 Honda Racing F1 Teamは今週、イギリス・シルバーストンサーキットで、3日間のテストを行った。チーム本拠地ブラックリーからわずか10kmほどのこのサーキットでは、7月第1週の6日に、次戦イギリスGPが開催される。
 テストにはレースドライバーのジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロが参加。RA108の最新バージョンを試すとともに、今後数戦に向けての準備も行った。
 初日火曜日のバトンは、空力評価に専念。翌水曜日もこの作業を続け、その後イギリスGPで使用される2種類のタイヤ比較テストを行った。2日間合計で、バトンは195周を走行した。
 最終日は、バリチェロがステアリングを握った。チェック走行ののち、空力プログラム、そしてタイヤ評価の作業に専念。マシンセットアップやグリップレベルの感触を確かめ、この日だけで、94周をこなした。

ジェンソン・バトン:

 今回は2日間のテストを担当したけど、ここシルバーストンで再び走れるのは最高の気分だ。今やグランプリサーキットの中で、こんなふうに流れるような高速区間が続くのは、こことスパ、そして鈴鹿だけだ。そして僕は、この種のコースが大好きだ。今回のテストの目的は、今後の数戦に投入される新しい空力パーツの評価だ。2日目は特に風の強いコンディションだったけれど、いくつかの改良は確認できた。方向性にも、満足している。これから来週にかけてはトレーニングに専念して、いよいよ自国GPが待っている。満員の観衆の、期待に応えられるレースがしたい。

ルーベンス・バリチェロ:

 前向きに評価できるテストだった。マシンは十分な戦闘力を発揮し、強風だったにもかかわらず、新しい空力パッケージの性能向上も確認できた。今日のテストでは、このコースの高速、低速両区間のバランスをいかにうまく取るかに集中した。シルバーストンは走っていて、本当に楽しいサーキットだ。レースの週末が楽しみだし、フランスGP以上の結果が出せることを、期待したい。
スティーブ・クラーク レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア:
 今回は空力面の他、エンジン、車体にも新たな改良を施したので、その評価という意味で非常に重要なテストとなった。幸い3日間とも路面はドライだったため、目一杯走ることができた。とはいえ風が強く、しかも風向きも頻繁に変るという、非常に難しいコンディションではあった。そのため走行のたびに、マシンバランスが狂ってしまった。正確なセットアップ変更を施すには、理想的な状況ではなかった。テストでは2種類のブリヂストンタイヤの評価も、ある程度行うことができた。イギリスGPの週末にどれほどのパフォーマンスが発揮できるかは、実際に走り出してからのお楽しみだ。

[From Honda Racing F1 プレス]

[ 2008/07/02 20:53 ] F1 | TB(0) | CM(0)

クルサード、今週にも引退発表? 

クルサード197345694587


現在のF1では最もベテランということになったレッドブル・レーシングのデビッド・クルサード(37歳:イギリス)だが、今週母国グランプリとして迎えるイギリスGPでいよいよ隠退発表を行うのではないか、との見方が急速に地元メディアの間で高まっている。

1994年、まだ23歳の時にスペインGPでウィリアムズ・チームからF1デビューを果たしたクルサードはこれまで通算236戦に出走(歴代4位)、13回の優勝と12回のポールポジション獲得をしているが、今季はカナダGPで3位表彰台があったものの、その他はすべてノーポイントと苦戦。
チームからはすでに来季の構想に入っていないと伝えられたとみられている。

当人は「それは人生の一瞬間。
誰にでもいつかは訪れるものさ」と、ベテランらしい冷静さをみせている。

なお、後任には現トロ・ロッソの若手セバスチャン・ベッテルが昇格するとの見方が有力だ。

Fmotorsports F1

レッドブルのセカンドチームであるトロ・ロッソの若手、セバスチャン・ベッテルの走りを見た限り、そろそろ年齢的にも引退という潮時が確実に近づいて来ている模様です。

[ 2008/07/02 20:01 ] F1 | TB(0) | CM(0)