suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

FIA 2009年F1グランプリ暫定カレンダー発表 

アブダビ左近



2009年F1GP暫定カレンダー


 3月29日 オーストラリアGP

 4月 5日 マレーシアGP

 4月19日 バーレーンGP

 5月10日  スペインGP

 5月24日 モナコGP

 6月 7日 カナダGP 

 6月21日 イギリスGP 

 6月28日 フランスGP

 7月12日 ドイツGP 

 7月26日 ハンガリーGP

 8月 9日 トルコGP

 8月23日 ヨーロッパGP-バレンシア市街地

 9月 6日 イタリアGP

 9月13日 ベルギーGP

 9月27日 シンガポールGP 

10月11日 日本GP 

10月18日 中国GP

11月 1日 ブラジルGP

11月15日 アブダビGP 


※ 都合により変更される可能性があります。

スポンサーサイト
[ 2008/06/26 00:01 ] F1 | TB(0) | CM(0)

フランスGP決勝マッサ優勝 

マッサ@マニクール74645551833


2位スタートのマッサが、トップを快走中、クルマにトラブルを抱えてペースダウンしたライコネンを逆転して優勝。
2位に落ちたライコネンもなんとか走り切ってフェラーリが圧勝、1-2チェッカーを受けて速さを証明した。

トヨタのトゥルーリが粘りの走りを見せて3位表彰台を獲得。

フランスGP、マクラーレンのハミルトン(予選10グリッド降格)はシケインをショートカットで他のドライバーを抜いたまま走行、ドライブスルーペナルティを受けて結局10位止まり、コバライネン(予選10 5グリッド降格)は4位入賞と表彰台にとどかない。

フランスGP・・・
マクラーレンはレギュレーションを知らずに走っているのかと思わせる程の惨敗ぶり。

オーバーテイクが難しいだけに、フェラーリ以外は団子レースとなっているのがよく分かるレースだった。


ホンダは結局良いところがなくバリチェロが14位、バトンはリタイヤに終わった。

RA108@マニクール0934347336



フランスGP決勝結果

1 F・マッサ フェラーリ 1:31:50.245
2 K・ライコネン フェラーリ + 17.984
3 J・トゥルーリ トヨタ + 28.250
4 H・コヴァライネン マクラーレン + 28.929
5 R・クビサ BMW + 30.512
6 M・ウェーバー レッドブル + 40.304
7 N・ピケ・ジュニア ルノー + 41.033
8 F・アロンソ ルノー + 43.372
9 D・クルサード レッドブル + 51.072
10 L・ハミルトン マクラーレン + 54.521
11 T・グロック トヨタ + 57.738
12 S・ヴェッテル トロロッソ + 58.011
13 N・ハイドフェルド BMW + 1:02.013
14 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
15 中嶋一貴 ウィリアムズ + 1 laps
16 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
17 S・ボーデ トロロッソ + 1 laps
18 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
19 A・スーティル フォースインディア + 1 laps
Ret.
20 J・バトン ホンダ + 52 laps

[ 2008/06/22 23:02 ] F1 | TB(0) | CM(0)

フランスGP予選 

ライコネン@マニクール73782202478


フランスGPのポールポジションは、フェラーリ・チームのキミ・ライコネンが獲得した。
自身通算16回目、今季はスペインGPに続いて2度目ということになる。

2番手は僚友マッサ。
ライコネンはマッサがタイムを上回れないのを確認して最後のアタックを終了直前に回避、ピットレーンに飛び込むという好判断をみせた。
(決勝レースでの燃料を1周分節約できる)

3番手にマクラーレンのハミルトンがつけたが、ハミルトンはロズベルグ同様予選グリッド10番降格のペナルティを受けるため、実質13番手ということになる。
4番手に地元の意地を見せたルノーのアロンソ、5番手にスピンしながらも挽回したトヨタのトゥルーリ、6番手マクラーレンのコバライネン、7番手BMWザウバーのクビサ、8-9番手にレッドブルのウェバーとクルサード、そして10番手がトヨタのグロック、トヨタはまたも揃ってベスト10入りを果たした。

Fmotorsports F1


ポールはライコネン、マッサとともに1-2でフロント・ロウ。フェラーリがマニ・クールで速さを示した。

3位のハミルトン(10グリッド降格)から若干の順位変動、作戦が考えられるものの、大局的に見れば今年を象徴するかのような順位でその他、大勢。


残念ながらホンダの2台はQ1で落ちた。

6815_3a6a_1280.jpg



[ 2008/06/22 04:39 ] F1 | TB(0) | CM(0)

ホンダ、バルセロナを完了 

RA108@バルセロナテスト7468214856


ホンダはバルセロナのカタルーニャでフランスGPに向けた3日間のテストを行っていたが、土曜日にこれを完了した。2008年F1世界選手権の第8戦となるフランスGPは、6月22日にマニクールサーキットで行われる。

初日はアンソニー・デビッドソンがRA108のハンドルを握り、金曜日と土曜日はルーベンス・バリチェロが担当した。ジェンソン・バトンは今回のテストには参加する予定はなく、アレクサンダー・ブルツはル・マン24時間耐久レースに参加しているため、デビッドソンがチームのために今週のテストを担当したのだ。

「長いこと現場を去っていたけど、今週またトラックに戻ってくることができて嬉しいよ」とデビッドソンは語った。「今日はポジティブな1日で、フランスGPに向けたエアロとメカニカル面の確認をして興味深い結果を得ることができた。そして、アレックスがル・マンに参戦している間にチームを助けることができたね」

テストチームの責任者、スティーブ・クラークは次のように語った。「ルーベンスとアンソニーのおかげで今週は手応えのあるテストをすることがでいた。経験のあるドライバーがいるのは非常に助けになるし、飛び入りで参加して我々を助けてくれるアンソニーの才能にも助けられた。今回のテストではエアロに大幅な改良を加えたわけではないので、我々は最近のグランプリで起こっていた問題を特定するために、RA108のセットアップとバランスの調整を集中的に行った。それから、サスペンションの部品をいくつか導入した。これは今後のレースでさらなる改善ができる可能性を広げるようなものだ。我々はこれから、マニクールで行われる次のレースに向けてバルセロナからフランス中部へと移動する。マニクールサーキットはハイダウンフォースのトラックで、路面がスムーズだから、モントリオールのジル・ヴィルヌーブサーキットよりは我々のクルマに合っているはずだ」

GpUpdate.Net

今シーズンRA108の大幅なアップテートは2回と言われているだけに、バルセロナではRA108が本来持つ性能の見直し、いくつかのセットアップを煮詰めていくテストランを敢行した模様です。

オーバーテイクが困難とされるフランスGPを見越した作戦の良し悪しが、ポイント獲得のカギとなりそうです。

[ 2008/06/16 00:11 ] F1 | TB(0) | CM(0)

ぶらり走る。PART5 

あ、適当にUPです。

テーマは梅雨の清涼感です。

(画像を左クリックで拡大→次に画像の上にマウスポインタを当てると拡大できます。)

Photo000071.jpg


Photo000072.jpg


ここで雨。中止。
Photo000073.jpg


[ 2008/06/15 19:59 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

長谷川穂積が2回TKOで6度目の防衛に成功  

WBCバンタム級タイトルマッチが12日、東京・日本武道館で行われ、現バンタム級チャンピオンの長谷川穂積(27)が、同級7位のクリスチャン・ファッシオ(24)を2回2分18秒、TKOで下した。
これで長谷川穂積は6度目の防衛に成功。

長谷川穂積は米国・ラスベガスでの試合を熱望、山下正人・真正ジム会長も「夢をかなえてやれるようにしたい」と、夢実現に向けて全面的なバックアップを言明している。
長谷川は「(王座を守るのではなく)常に挑戦を続けていきたい」と語っている。

真正ボクシングジム長谷川穂積公式 ブログ

 ↓

http://shinseihasegawa.blog23.fc2.com/


日本人の最多防衛記録としては、沖縄出身の具志堅用高が13連続防衛という金字塔を打ち立てている。

[ 2008/06/13 21:30 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

デビッドソンがRA108でバルセロナテストに参加 

デビッドソン@バルセロナテスト3489947731446


元、スーパーアグリF1のドライバー、A.デビッドソンがホンダレーシングF1でバルセロナ合同テストに参加し、RA108をドライブ。



ホンダレーシングF1のテストドライバーであるA.ブルツはルマン24時間レースに参加中。

あ、ブルツは小遣い稼ぎのためかも知れません。

[ 2008/06/12 23:05 ] F1 | TB(0) | CM(0)

F1カナダGP決勝、BMW・ザウバー&クビサ初優勝 

クビサ@モントリオール348487987


クビサがやった。カナダで決めた。

ウイリアムズと決別以来、悲願の初優勝を達成した。2位には僚友のハイドフェルドが入り1-2フィニッシュ。

クビサはポーランド人としてF1グランプリ初優勝。
セーフティカーが入る中、ライバルのライコネン、ハミルトンらが赤信号停止中に接触で脱落、見事に1-2体制を築き上げた。(ていうかあの状況で-呆-追突ハミルトン。
上位陣ではマッサが光る走り。ヘアピンでコバライネンとバリチェロをあっさりと2台ゴボウ抜き。辛うじて5位に入った。

ホンダではバリチェロが粘りの走行で7位入賞を果たした。


決勝結果
===1 R・クビサ BMW 1:36:24.447 ポーランド人初優勝===

2 N・ハイドフェルド BMW + 16.495
3 D・クルサード レッドブル + 23.352
4 T・グロック トヨタ + 42.627
5 F・マッサ フェラーリ + 43.934
6 J・トゥルーリ トヨタ + 47.775
7 R・バリチェロ ホンダ + 53.597
8 S・ヴェッテル トロロッソ + 54.120
9 H・コヴァライネン マクラーレン + 54.433
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 57.749
11 J・バトン ホンダ + 1:17.540
12 M・ウェーバー レッドブル + 1:21.229
13 S・ボーデ トロロッソ + 1 laps
Ret.
14 G・フィジケラ フォースインディア + 17 laps
15 中嶋一貴 ウィリアムズ + 23 laps
16 F・アロンソ ルノー + 25 laps
17 N・ピケ・ジュニア ルノー + 29 laps
18 K・ライコネン フェラーリ + 50 laps
19 L・ハミルトン マクラーレン + 50 laps
20 A・スーティル フォースインディア + 56 laps

[ 2008/06/09 03:49 ] F1 | TB(1) | CM(0)

F1カナダGP公式予選 

ハミルトン@モントリオール034377896


カナダGP公式予選は、最後にフェラーリのライコネン、BMWザウバーのクビサ、そしてマクラーレンのハミルトンと立て続けにタイム更新が繰り返され、最終的にハミルトンが昨年に続いてここカナダでのポールポジションを決めた。

ハミルトンにとってカナダは昨年初めてポールを獲得した地でもある。
ポールは自身通算7回目ということになる。

2番手にBMWザウバーのクビサ、3番手フェラーリのライコネン、4番手ルノーのアロンソ、5番手ウィリアムズのロズベルグ、6番手フェラーリのマッサ、7番手マクラーレンのコバライネン、8番手BMWザウバーのハイドフェルド、9番手ホンダのバリチェッロ、そして10番手レッドブルのウェバーという結果に。
ウェバーは『Q2』セッションの最後にスピンしていて、Q3は走行していない。

セッション終了と共に現地は雨が降り出した。
日曜日の天候が憂慮される。

カナダGP公式予選結果

Fmotorsports F1


ポールはハミルトン。
カナダはマクラーレンが速そうです。

時差キツくて観ることができませんでした。


ホンダのバリチェロが9位と最近調子を上げてきたのかTop10入り、あとは決勝の走りだ。

6768_4e4a_1280.jpg


■ルーベンス・バリチェロ

3回目フリー走行 14番手 1分17秒557
予選9番手 1分20秒848
Q.予選のパフォーマンスはすばらしかったが、今日のセッションの感想は?また、どのように明日につなげていく予定か?
A.僕自身のためにも、チームのためにも、本当にうれしい結果だ。前戦モナコGPでポイントを獲得し、続いてここカナダGPでもとてもいいスタートを切ることができる。気温が高く、午後には路面のアスファルトがはがれたために大変すべりやすくなっていて、ふくらまないで走るためにラインを選ぶ必要があった。Q1とQ2では、僕の経験を活かし、力強い走りができ、最終セッション進出を果たした。予選9番手はいい結果だし、今日、僕らはしっかりと仕事ができた。明日は、このポジションからいいレースができると期待している。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.色々な困難と直面した週末だが、ルーベンスの予選での力強い走りにより、いいポジションを獲得できたことは、予想以上の好結果だったのでは?
A.われわれは週末を通し、マシンを改善していくためにハードワークを続け、それに加えてタイヤと路面を最大限に活用しようと努力した。それが予選の鍵を握った。今日の予選結果は、プレッシャーが高まるなかで、あらゆる努力を尽くしたルーベンスと、チーム全体の功績だ。
Q.一方で、ジェンソンは残念な結果だったが、明日、両ドライバーがベストな走りをするために何が必要か?
A.ルーベンスはいいポジションからスタートする。これを最大限活かす戦略を立てなければならない。ジェンソンにとっては難しいレースになる。後方からのスタートするが、これをチャンスと捉え、リスクを負ってでも、セーフティカーやその他のアクシデントを見込んだ戦略を立てたい。

[Honda Racing F1]


[ 2008/06/08 11:55 ] F1 | TB(0) | CM(1)

カナダGP1日目結果 


フリー走行1回目

フリー走行2回目

Fmotorsports F1

[ 2008/06/07 20:53 ] F1 | TB(0) | CM(0)

F1史上初シンガポールGP情報、夜間走行時間拡大 

シンガポールT


今年9月28日(日)に、F1史上初めてのナイトレースとして開催されるシンガポールGPだが、当初予定されていたタイムスケジュールが大幅に変更される模様だ。

というのも、これまで発表されたものでは公式予選前に夜間走行できるのは1日目のフリー走行2回目セッションのみとなっていて、これではドライバーが習熟するのに時間が短すぎると指摘されていたからだ。

まだ公式発表はないものの、すでにFIA(国際自動車連盟)は各F1チームに対しタイムスケジュールの変更を通知した模様で、それによれば金曜日のフリー走行1回目、そして土曜日に行われるフリー走行3回目セッションもそれぞれ開始時間が遅らせられたとみられる。

なお公式予選・決勝レース共に、現地時間で午後8時からのスタートとなっている。

Fmotorsports F1


今年当然注目(ナイトレース)すべきGPです。
ドライバーにとってコースも初めてですし、照明等夜間走行のためにコースを習熟できるかが気になるところです。
おそらく何処のチームも事前の情報収集には抜かりが無いといったところでしょぅ。

下手すると日本GPに行くより、シンガポールGPに行ったほうが良いのかもしれませんよ、ええ。

あ、適当な予算で適当に遊びに行くなら、シンガポールが良いのかもしれません。多分。


シンガポールGP観戦ツアー情報(適当に抜粋)

 ↓

http://www.purposejapan.com/f1/f1.html

http://www.pelican-travel.net/singapore/f1gp/

http://www.roundtrip.co.jp/motorsports/f1_sin_index.html

http://www.his-j.com/ngo/sports/f1/index.htm

http://www.jtb.co.jp/shop/daisan/info/sportsdesk/tour2/detail/f1080925.asp

http://www.his-j.com/kix/sports/f1/0530-sin-xx-45days.html

http://4travel.jp/overseas/area/asia/singapore/

http://www.lookworld-west.com/sports/f1/singapore/index.html

[ 2008/06/07 20:01 ] F1 | TB(0) | CM(0)

ロス・ブロウン、カナダGPに向け抱負を語る 

honda275983476034


Honda Racing F1 Teamは今週再びヨーロッパを離れ、カナダへと向かう。

モントリオールのジル・ビルヌーブサーキット(全長4.361km、全70周)で行われる、第7戦カナダGP。去年まではアメリカGPとの2連戦だったが、今年はこれが北米唯一のグランプリとなる。
 サーキットのあるノートル・ダム島は、1967年に開催された万博用地として、セント・ローレンス川に作られた人口島である。その後1976年のオリンピックの際には、ボート競技の舞台にもなった。カナダGPはここで1978年から行われている。
 コースは6本の直線をシケインや低速コーナーでつなぐというレイアウト。マシンには、かなり低いダウンフォースが求められる。ターン10のヘアピンから最終シケインまでの直線が最長で1kmほどある。そのためブレーキング直前では、最高速は時速324kmになる。
カナダGPに挑むにあたり、チームプリンシパルのロス・ブロウンは、前戦モナコGPを振り返り、次のように語る。
「前戦モナコGPでのRA108のパフォーマンス、速さは、満足できるものだった。ポイントが獲得できたこともよかったし、何よりルーベンスにとっては今季初入賞だった。しかし今週末のカナダは、モナコとはまったく違う挑戦になる。ダウンフォースは中から下、モナコとは対照的なクルマ作りが求められる。長い直線と低速コーナーの組み合わせは、マシンへの負荷もかなり大きくなる。ここ数戦での進化には、素直に喜んでいる。しかし我々のクルマは依然として、ストレートでの最高速が欠けている。この週末、いかにマシン性能を十分に引き出すかが、カギになるだろう。モナコよりも、厳しいレースになりそうだ」

[Honda Racing F1]

[ 2008/06/04 20:11 ] F1 | TB(0) | CM(0)

ぶらり走る。PART4  

テーマは

適当にUPします。

Phot0000009


Photo0000010


Phot0000011


Phot0000012


[ 2008/06/03 02:21 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)