suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

佐藤琢磨、F1復帰に向けモナコで就職活動 

佐藤琢磨@モンテカルロ347348498748551



今季スペインGPを最後にチーム消滅という苦境に見舞われた前スーパー・アグリの佐藤琢磨(31歳)だが、F1復帰に向けモナコGPのパドックでは精力的な就職活動を行っていた。

「第1プライオリティはもちろんレースシートの獲得だけれど、それに繋がるものであればテストドライバーというのも考慮にある。
いずれにしても僕はいま十分期待に応えるだけの戦闘力があると確信しているし、それを証明したい」

ホンダは依然として佐藤琢磨に対しサポートを続けるとしてはいるものの、これがすなわちホンダ・チーム加入に繋がるほど甘くはないのがこの世界の現実だ。
また一部にルノー・チームのピケ・ジュニアに交代の可能性があるとも伝えられるがその信憑性は不明。

なお、チームを失いすべての権利を喪失した佐藤琢磨、今回モナコGPのパドックに入れたのはブリヂストン・モータースポーツの好意によるものとも伝えられている。

Fmotorsports F1

F1ドライバー人生いろいろ。

スポンサーサイト
[ 2008/05/30 01:20 ] F1 | TB(0) | CM(0)

ぶらり走る。PART3  

適当に走りに行きました。
大雨。
画像のUPはありません。(というか撮れません。)

適当に食事。(やはり撮れません。)

後は適当に睡魔と格闘(撮る気なし。)しながらF1放送時間にちょうど合わせるように帰りました。

[ 2008/05/26 23:00 ] F1 | TB(0) | CM(0)

F1モナコGP決勝 

ハミルトン@モナコ034459734833


モナコGPは雨による接触が相次ぎ、ピットインのタイミングがレースを左右する結果となった。

マクラーレンのハミルトンが雨のモナコを制して優勝、モナコウイナーとなりデビュー2年目にしてモナコマイスターの称号。
(序盤のウオールヒット後の戦術が見事功を奏したというか、見事に的中して自動的に優勝。)

クビサがマッサを逆転し2位、ポール・スタートのマッサは残念ながら3位に順位を落としたが、ライコネンがスーティルと接触(フォースインディア念願の初ポイントならず。)したためポイント圏外となってしまい、モナコGP終了時点でハミルトンが結果的にポイントリーダーとなった。

このGP、「上位陣のドライバー達、フリー走行からお疲れ様でした。」としか言いようがありません。


ホンダではバリチェロが6位入賞でホンダ移籍後初ポイントを獲得。

■ジェンソン・バトン 11位
Q.期待していた雨のサバイバルレースだったが、結果についてどう思うか?
A.今日のレースの結果には、本当にがっかりだ。スタートが悪く、1コーナーのインをつかれて2つほどポジションを落とした。ヘアピンでルーベンスを、トンネルからシケインのところでウェバーをかわした。スイミング・プールのところで、コーナーを過ぎていくハイドフェルドと並んだ。コーナー出口で、インをつくスペースがあると思ったが、十分ではなく、ノーズがハイドフェルドのリアに接触してしまった。フロントウイングが破損して、バージボードにダメージを受けた。残念ながら、1周目にして僕のレースは厳しい展開を強いられた。レース終盤では、コバライネンに後ろから接触され、シケインのところでリアにダメージを負ってスピンした。めちゃくちゃなレースだった。マシンにはポイントを獲得できるだけのペースがあっただけに、残念だ。一方で、ルーベンスがいい走りをし、ポイントを取り、明るい話題をもたらした。彼におめでとうと言いたい。

■ルーベンス・バリチェロ 6位
Q.おめでとう!モナコで、再びポイントを獲得し、最高の気分では?
A.今日再びポイントを獲得できて本当にいい気分だ。自分自身にとっても、チームにとっても喜ばしいことだ。いいレースだった。序盤でしばらくトゥルーリにひっかかってしまったのは残念だが、それ以外はこれ以上ない出来だった。
Q.チームと自分自身に対し、今、どれだけ期待しているか?
A.久しぶりにポイントを獲得し、悪い流れが断ち切れてうれしい。だが、希望を失ったことはない。僕らにはポイントを取るだけの力がある。これが、僕らの力強いパフォーマンスを発揮していく幕開けだと思う。これに浮かれず、ひたすらプッシュしていきたい。

■ロス・ブロウン Honda Racing F1 Team チームプリンシパル
Q.悲喜こもごものレースだったが、ルーベンスが3ポイントを獲得でき、良い一歩を踏み出せたのでは?
A.今日のレースでは色々なハプニングがあり、マシンも次々とリタイアしていった。そんな中でルーベンスはすばらしい走りをし、あらゆるトラブルをうまくかわし、しっかりとしたレース運びで6位に入賞を果たした。ジェンソンのレースは1周目終わりのハイドフェルドとの接触で妨げられ、その後、一時はすばらしい速さを見せたが、ポジションを上げるチャンスがなかった。ポイントを再び取れたこと、そして、それに匹敵する走りを見せられたことは満足だ。

Q.今日のレースはどうだったか? また、今後のHondaの展開は?
A.われわれにとって比較的トラブルの少ない週末だったが、これはモナコでは歓迎すべきことで、良いパフォーマンスを見せることができた。フリー走行を通じて、われわれはマシンを進化させ、いかなるコンディションでも力強い走りを見せた。クルサードのアクシデントによって出されたイエローフラッグにより、二人とも予選のトップ10に入れなかったのは残念だった。われわれがポイントを取るために必要で、そのドラマを演出したウエットレースに感謝したい。これから全く性質のちがうサーキットとなるモントリオールでのレースに挑む。新しい低ダウンフォースパッケージと、多くのパーツを用意し、マシンをさらに進化させるのを楽しみにしている。

HondaRacingF1

6730_d54f_1280.jpg


[ 2008/05/25 23:42 ] F1 | TB(0) | CM(0)

モナコGPフリー走行2回目 

モンテカルロ0348463434388



モナコGPは22日(木)午後フリー走行2回目セッションが行われ、今度はマクラーレンのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。
タイムは1'15.140というもので、午前のライコネンのものに比べコンマ8秒ほども短縮するものとなった。

また2番手には終始好タイムをマークし続けたウィリアムズのロズベルグがハミルトンからコンマ4秒ほどの差でつけた。
3-4番手にフェラーリのライコネンとマッサ、5番手がマクラーレンのコバライネンで、やはりロズベルグが光る結果になっている。

6番手にBMWザウバーのクビサ、7番手はセッション途中ガードレールに接触してリヤウィングを飛ばし、一時赤旗中断の原因を作ったルノーのアロンソ。
8-10番手がホンダのバトンとバリチェッロで、その間の9番手にウィリアムズの中嶋一貴が割って入った。

トヨタ勢はグロックが12番手、トゥルーリのほうは17番手に留まった。

Fmotorsports F1


市街地コースということもあり、各車ともに入念にクルマの評価をしているようです。
特にダウンフォースからタイヤの特性を最大限に生かし切れたチームが有利になりそうです。

上位陣にとってはとにかく予選で前に出ないことにはレースになりません。
ガソリンの搭載量、戦術が見ごたえとなりそうです。


ホンダ勢はバトンが8番手、バリチェロが10番手となっています。

6692_196c_1280.jpg


[ 2008/05/23 07:17 ] F1 | TB(0) | CM(1)

ぶらり走る。PART2 

適当にUPしておきます。

画像の上で右クリック→リンクを開くでスクロールできます。

ぶらり走る。PART2


三段峡です。

行くなら五月(新緑)・10月(紅葉)の比較的涼しい時期 + 人が少ない時 + 天気が良い日が狙い目です。

三段峡攻略の最大のポイントは座れるところ(石・芝生など)があれば足を止める。
とにかく止めること。
コースが長くてアップダウンが多いので疲れます。
そうすれば景色を一日楽しむことができると思います。

また適当にどこか行ってUPします。

[ 2008/05/19 08:01 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

F1トルコGP決勝結果 

マッサがトルコで3年連続のポール・トゥ・ウィン。
マッサはトルコのトラックが大好きなようだ。
ポール・スタートからのアドバンテージを生かしてバッチリと決めた。 

このレースで3スットプ作戦に打って出たハミルトンがやってくれた。軽いクルマを生かして随所でマージンを稼ぎ、2番手でフィニッシュしフェラーリの1-2フィニッシュを阻止、不甲斐ないレースが続いていただけになんとか面子を保った。

ハミルトンが2位となり結局、表彰台の面々は予選グリッド順と同じようにサンドイッチ状態で表彰式が行われた。

[ 2008/05/11 22:38 ] F1 | TB(1) | CM(0)

トルコGP予選結果 

F2008@トルコ7865831452


マッサがトルコで3年連続のポールで最高の位置に着けた。
これなら優勝できそう(´▽`)ホッ。

2番手、コバライネン。3番手、ハミルトン4番手にラコネンと続き、ここトルコで速いと思われるフェラーリがマクラーレンをサンドイッチ状態にした格好となった。
BMWのクビサが6番手としっかりフェラーリ&マクラーレンのあとに着けている。

グリッド順からしてラコネンが4番手に沈んでいるだけに美味しい展開となっている。


257戦目となるホンダのバリチェロは12番手、バトンは13番手とトップ10入りは果たせなかった。

RA108@トルコ064687478_257


RA108@トルコ064687576



公式予選結果

1 F・マッサ フェラーリ
2 H・コヴァライネン マクラーレン
3 L・ハミルトン マクラーレン
4 K・ライコネン フェラーリ
5 R・クビサ BMW
6 M・ウェーバー レッドブル
7 F・アロンソ ルノー
8 J・トゥルーリ トヨタ
9 N・ハイドフェルド BMW
10 D・クルサード レッドブル
11 N・ロズベルグ ウィリアムズ
12 R・バリチェロ ホンダ
13 J・バトン ホンダ
14 S・ヴェッテル トロロッソ
15 T・グロック トヨタ
16 中嶋一貴 ウィリアムズ
17 N・ピケ・ジュニア ルノー
18 S・ボーデ トロロッソ
19 G・フィジケラ フォースインディア
20 A・スーティル フォースインディア

[ 2008/05/10 22:57 ] F1 | TB(0) | CM(1)

F1トルコGPフリー走行 

F2008@トルコ7865831331


トルコGP、フリー走行2が行なわれフェラーリのキミ・ライコネンがトップに立った。

フリー走行1回目ではギヤボックストラブルが発生し、わずか3周で20番手に終わっていたライコネンだが、1:27.543のトップタイムを叩き出している。2番手はマクラーレンのルイス・ハミルトン、3番手がフェラーリのフェリペ・マッサだった。4番手レッドブルのクルサード、5番手がマクラーレンのコバライネンで、ここまでが1分27秒台に入れている。

ホンダはジェンソン・バトンが11番手、出走257戦目となるバリチェロは15番手でセッションを終えた。
バリチェロ@トルコ仕様257

[ 2008/05/10 07:18 ] F1 | TB(0) | CM(0)

ぶらり走る。 

適当に走りに行きました。
しばらく走って疲労がピークに達したところで雨が直撃。
これで走る気なし。止めた。この日は寒い中野宿ものです。
ええ本当に。(後で思えば旅の醍醐味となった。結構良かった。)

200805050131001.jpg
200805050131004.jpg


天気悪すぎ。

大和のふるさと。

海上自衛隊。
200805050921000.jpg


ぶくぶく.。○
200805050929008.jpg
200805050934000.jpg
200805050936000.jpg

この先立ち入り禁止。
200805050948000.jpg


橋。まあ悪くない。
200805051022000.jpg
200805051020000.jpg
200805051014000.jpg


手前から陸。海。船。島。
で、天気悪すぎ。
200805051310001.jpg
200805051310000.jpg
200805051146130.jpg


花。あ、これ本物結構綺麗。
自然が一番。
天気悪すぎ。
200805050916000.jpg
200805051253000.jpg


晴れ。
暑ー。
200805061429002.jpg
200805061429000.jpg


で、暇。

また適当にどこか行ってUPします。

[ 2008/05/08 02:14 ] 世界のニュース | TB(0) | CM(0)

スーパーアグリF1撤退 

SuperAguri公式ページ

スーパーアグリF1チームからの声明

スーパーアグリF1チーム(SAF1)は、本日、F1世界選手権から撤退することを決定した。2006年からプライベーターチームとしてF1に参戦し、昨年はチーム結成22戦目(スペインGP)で初ポイントを獲得、2007年のランキング9位という成績を残したSAF1のF1における活動は本日、その幕を閉じることになる。

鈴木亜久里 チーム代表
「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4ヶ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった。

多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界でプライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から、わずか22戦目にして初ポイントを獲得しランキング9位となる快挙を達成することができた。しかし、昨年のシーズン初頭から、パートナーとして一緒に戦っていくはずだったSS United Group Company Limitedの契約不履行によりチームは経済的なバックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれた。また、カスタマーカーに関する方向性の変化などチームをとりまく環境変化もあり、チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきたが、その活動は難航した。

その間、ホンダから支援を受けながら、なんとか今日まで持ちこたえてきたが、現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定的に活動を継続していく目処が立たず、本日、F1から撤退するという苦渋の決断をくだすこととなった。

ここまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーの皆様、いろいろな状況の中でアドバイスを頂いたF1関係者の皆様、チームが苦しい状況の中でも、モチベーションを絶やさず働いてくれたチームスタッフ、厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、チーム立ち上げから一緒に戦いチームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでSAF1を応援してくれてきた世界中のファンの皆様に最大の感謝を表したい」

[スーパーアグリF1チーム]


鈴木亜久里チーム代表から公式声名を聞いた・・・
残念としか言いようがない。

鈴木亜久里さん、お疲れ様でした。

ここまで良く走ってくれた。短期間だったが、夢をありがとう。
佐藤琢磨(日本人)の将来を応援します。

ガンバレ!琢磨!これからだ!

[ 2008/05/07 00:38 ] F1 | TB(1) | CM(1)

劇場版名探偵コナン戦慄の楽譜(フルスコア)感想 

名探偵コナン戦慄の楽譜(フルスコア)




名探偵コナン戦慄の楽譜(フルスコア)観に行きました。

今回の映画はこのタイトルのとおり、音楽・音をメインに自然な流れでストーリーが展開して、ごくシンプルな作品に思えました。

お約束どおり登場人物の紹介があります。そしてごく自然に犯人はこの人だろうと思った人が犯人でした。

まあこの映画はコナンの推理シーン(ある意味見せ場)は少ないが、主役は主役として事件解決のために全力で活躍してくれるという印象です。逆に脇役である人物は脇役としてあまり目立ってなかったというか、活躍するシーンはというと、事件解決前のあの二人くらいかな。

毛利のおっちゃんの推理はお約束で、阿笠博士のクイズもちゃんとお約束で入っています。

私的ながら、この映画の最大の旨味は映像が美しいので館内で映画を観ているのではなくて、コンサートを観ているというちょっとした錯覚におちいることですかね。
(まあほどよい眠気があったほうが良いかもしれません。)

そしてラスト、
犯人はいかれた犯人?ではなく、自らの○○により犯行を実行してしまったという感じで、コンサート関係者のある登場人物のセリフがなんとも泣かせる。(これ大事、絶対音感キーワード)。
・・・真相がなんとも言えないころです。

蘭ちゃんと工藤新一は相変わらずとても仲良しでした。
ラストのオチはコナン君。バイオリンを・・・

ゴールデンウイークは劇場版名探偵コナン戦慄の楽譜(フルスコア)だ!

名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) - goo 映画

次の作品が楽しみです。


そしてこれ。

 ↓ 

名探偵コナン@ヘッドホン

買いました。

[ 2008/05/03 03:22 ] 世界のニュース | TB(1) | CM(10)

バトンがホンダでのブラウンの影響を絶賛 

ブラウン@Fromホンダレーシング


スペインGPで、この状況で得られる最高の結果を引き出して6位に入り、今シーズン初ポイントを獲得したジェンソン・バトンは、新しいチーム代表のロス・ブラウンを絶賛した。

「いいレースだったね」とバトンは語った。「セーフティーカーが入り、ありがたいことにヘイッキは無事だった。でも、僕は多い燃料で走っていたので、少し戦略に調整が必要だったけど、うまくいったよ」

「僕は新しいエアロパッケージに慣れていて、それは今ではうまく機能しているから、これからもそれを使うことができる」と彼は続けた。「レース中にクルマで起こっていたことは、風洞で起こっていたことと同じだから、それは間違っていなかったということだし、僕たちは正しいことをやっているということだね。でも、一晩で一足飛びにフェラーリやマクラーレンと同じ速さで走れるようになるわけじゃない」

「ロス・ブラウンの技術的マネジメントは大きな影響があり、次の数レースに向けて、そしてホンダの将来に向けて、みんながやる気になっているんだ」

GpUpdate.Net

BUT28920--5


ホンダは2007シーズンのどん底状態から、2008シーズンのスペインGPでバトンが6位入賞を果たすという結果を残した。
6位入賞という結果とともに今、ホンダチームは僅差にひしめく中団の激戦の団子の中に位置している。
チームにとってロス・ブラウン効果がなければ団子の中からは少し離されていたことだろう。
(´▽`)ホッ

既にロス・ブラウンは2009年にターゲットを置いている、ホンダファンにとってはとても頼もしい人物となりそうだ。

更なるチーム力向上に向けてチーム・プリンシバルのロス・ブラウンに期待は高まる。

[ 2008/05/02 02:56 ] F1 | TB(0) | CM(0)