suzuka.gif












































大河ドラマ 天地人視聴率篤姫(あつひめ)  ガソリン価格引上げ 風林火山



自己満足を得るためのブログ、不愉快と思われる方々は見ないようにしてください。 <コナン応援>

ホンダレーシングF1 新カラーリング発表 

RA107_03.jpg


RA107_04.jpg


RA107のカラーリングが発表されました。
スポンサーが決まらなかったのはイメージのライセンス化
にあったようです。

Honda Racing F1 Teamは、2007年シーズン参戦に向け、環境をテーマにした新しいカラーリングとマーケティング手法を発表した。
このコンセプトには、「チームと、それをサポートしてくださる人々が一体となり、環境問題の解決のために取り組んでいこう」という力強いメッセージが込められている。


新しいコンセプトの概要は以下の通り。

新しいマシンカラーリングの採用
マシンへのスポンサーロゴの露出を廃止※し、環境問題に直面する地球をイメージしたカラーリングとした。

イメージのライセンス化

パートナー企業に対し、マシン及びロゴの使用をライセンス化することで、マーケティングツールとしての活用を可能とした。

協賛金の寄付

協賛金(スポンサーフィーやライセンスフィー)の一部を、環境保護団体などへ寄付を行う。

ウェブサイト上でのチャリティー展開

新たに設けるウェブサイト(www.myearthdream.com)上で、一般の人々がマシンのピクセルを購入することで参加できるチャリティーを展開する。
※レギュレーションで定められているノーズへのマニュファクチャラーロゴ(Hマーク)と、全チームにタイヤ供給を行うブリヂストンロゴ、チャリティーを募るmyearthdream.comのアドレスのみマシンに施される。

Honda Racing F1 Teamは、これまでのパートナー企業に加え、今回新たにユニバーサル・ミュージック社、ゲータレードブランドを扱うペプシコ社、フィラ社、IBM社、インストロン社、オリバースウィーニー社、パーキンエルマー社、昭和電工株式会社、テュフズード社、GFアジェ・シャルミー社ともパートナーシップを組む。
ページトップへ

COMMENT コメント

Nick Fry ニック・フライ
Honda Racing F1 Team CEO

「気候変動は、現在地球が直面する最も大きな問題のひとつであり、F1界においても、この問題は避けて通れない。むしろ、全世界で注目され最先端技術を誇るF1だからこそ、重要な役割を果たすことができると考える。さらに、FIAは『F1でも社会に役立つ技術開発を行うべき』との認識を持ち、例えば、2009年までにエネルギー回収システムをマシンに導入するなどの長期的な方針を打ち出している。
私たちは、チーム、パートナー企業、そして一般の皆様と一緒になって取り組むことで、環境問題の解決に貢献できると信じている。まずは、問題提起と人々の理解や関心を高め、このテーマに取り組んでいきたい」

Yasuhiro Wada 和田康裕
Honda Racing F1 Team会長

私たちは、2007年シーズンでのワールドチャンピオン獲得という目標を持ち、今年はさらに躍進し、エキサイティングなシーズンにしたい。同時に、私たちは環境をテーマにした新しい試みにチャレンジすることで、モータースポーツ界に新しい流れを作っていきたい。
Hondaは、社会やユーザーの満足に応えるために創造力を発揮し、技術やアイデアを生み出し、常に、環境保全活動にも努めてきた。今回の、F1界で初となる試みは、世界中の人々による環境問題への理解と関心に繋がると考えている」
ページトップへ

Honda Racing F1より


スポンサーサイト
[ 2007/02/26 21:22 ] F1 | TB(1) | CM(0)

ホンダ F1チャンピオンシップ参戦体制発表 

Hondaは2007年も引き続き、Honda Racing F1 Teamとして、F1世界選手権に参戦する。また、エンジンサプライヤーとして、SUPER AGURI F1 TEAMにV8エンジンを供給する。

■Honda Racing F1 Teamの概要

会長:和田康裕
チームCEO:ニック・フライ
シニアテクニカルディレクター:中本修平

ドライバー:ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ

所在地:英国ノーザンプトン州ブラックリー

■Honda Racing Development Ltd.(HRD)の概要

社長:阿部弘

所在地:英国バークシャー州ブラックネル
活動内容:エンジンの開発サポートおよびメンテナンス、本田技術研究所栃木研究所への技術的フィードバックなど

■2007年Honda F1エンジンについて

名称:Honda RA807E
形式:2.4L V型8気筒自然吸気
特徴:2007年からエンジンを凍結するレギュレーションが導入され、最高1万9,000回転制限の範囲で、最高出力No.1を目指し開発。中低速のトルク性能のフラット化と燃費向上を達成し、信頼性を備えたエンジン。

■2007年車体について

名称;Honda RA107
特徴:空力性能を最優先とし開発。空力面でのマシン効率を向上させた。安全性向上を目的としたレギュレーション変更にすべて対応した上で、さらに軽量化とマスの集中を実現、よりシャープな形状となっている。また、今年から新たに導入されるブリヂストンポテンザタイヤの特性に合わせたサスペンションも採用している。

■SUPER AGURI F1 TEAMの概要

チーム代表:鈴木亜久里
マネージングディレクター:ダニエル・オーデット

ドライバー:佐藤琢磨、アンソニー・デビッドソン

所在地:英国オックスフォード州ウィットニー・ラングレー

■大島裕志 本田技研工業(株)広報・モータースポーツ担当執行役員のコメント

「今シーズンも、われわれHonda、現地ファクトリー、研究所が一丸となってHonda Racing F1 TeamとしてF1世界選手権に参戦し、より多くの表彰台の頂点に立ち、コンストラクターズ争いを展開したいと考えています。これまで以上に激戦が予想されますが、エキサイティングなレースができるよう、初戦から攻めのレースをやっていきますので、ご期待ください。また、SUPER AGURI F1 TEAMには今シーズンも引き続きV8エンジンの供給をはじめとしたサポートをして参ります。日本のチームとしてF1にチャレンジする、このインディペンデントチームに、ご声援をよろしくお願い致します」

(本田技研工業株式会社 プレスリリースより)

F1ブログ@テスト


[ 2007/02/20 00:10 ] F1 | TB(1) | CM(0)

ジェフ・ウィリスのF1復帰 

Willis.jpg

ジェフ・ウィリスがF1に復帰したいと語っている。

48歳のウィリスは、Honda Racing F1の元テクニカルディレクターで、
昨年、同チームを離脱。

2008年からF1参戦を果たすデビッド・リチャーズ率いるプロドライブと、
すでに契約を交わしているとうわさされているウィリスだが、
『Autosport(オートスポーツ)』誌にチームにアプローチするには
“早すぎる”と明かしている。

「だが、適切な資源を持ち、きっちりと仕事を成し遂げるチームと共
に働きたいと思っている」
と語ったウィリス。

1990年代初めにF1キャリアをスタートさせたウィリスは、2002年に
B・A・R(現Honda Racing F1)に加入するまで、ウィリアムズで空力
責任者として働いていた。
【F1-live.comさんより】


第2報

Willis_08.jpg

デビッド・リチャーズとともにBARに加入し、当時不振を極めて
いたBARのタイヤをブリヂストンからミシュランにスイッチし、
チームをコンストラクターズ2位まで一気に引き上げたT/D。


リチャーズとの相性は良さそうですが、ブリヂストンとの相性は(?)
復帰先は2008年参戦予定のプロドライブが予想されます。
Geoff_Willis_05_02.jpg


F1ブログ@テスト


[ 2007/02/17 18:15 ] F1 | TB(1) | CM(0)

テスト_2 

MP4-22.jpg
テストで速いと言われているマクラーレン MP4-22


STR_IMG.jpg

トロ・ロッソ STR2発表
STR2.jpg




[ 2007/02/15 01:59 ] F1 | TB(0) | CM(1)

ホンダRA107 

   RA107.jpg    
テストで調子が上がらないと言われているホンダ RA107
クルマのカラーリング発表後に速さを発揮する予感。


[ 2007/02/13 08:01 ] F1 | TB(0) | CM(1)